【世界のライアーとその特徴】

 

 

ゲルトナー Gärtner(ドイツ)

一番古いライアー工房。ローター・ゲルトナー(先代)が音楽家エドムント・プラハトとともに 最初のライアーを1926年に製作した。いろいろなタイプのライアーがあるが、 丸い形のライアーが有名で、丸い豊かな響きが特徴。

 
 

 

コロイ Choroi(ドイツ、オランダ、スイスなど)

クリスタルのようなフォルムをもつライアー。ヨーロッパ各地にあるハンディを持った人の作業所で 製作されている。澄んだ、クリアな響きが特徴。弾く人が音作りをする部分が多い。
楓と唐松の共鳴板があり、それにより響きが異なる。 楓はよりクリアな響き、唐松は温かく力強い響きを持つ。

 
 

 

ザーレム Salem(ドイツ)

フォルムはゲルトナーの丸型だが、落ち着きのある豊かな響き。
表面はオイル仕上げで、いろいろな木材を使ったバリエーションがある。
工房のホルスト・ニーダーは弦も自分で製作している。

 
 

 

レーマン Lehmann(ドイツ)

アンドレアス・レーマンによって1枚の板材から、のみによって彫られた
彫刻作品のような共鳴箱を持たないオープンタイプのライアー。
とても繊細なクリアな響きをもち、共鳴箱のある他のライアーとは一線を画する響き。

 
 

 

マリー・ライト Murray Wright(オーストラリア)

オーストラリアのマリー・ライトによるライアーは、大きな楽器で音量も他のライアーより大きい。
広い会場で一台で弾いても豊かな響きを持つ。楽器は大きいが持ちやすく設計されている。

 
 

 

アウリス AURIS(スウェーデン)

一枚の板から作られた、オープンタイプのライアー。
キンダーハープを大きくしたような楽器で、ソプラノライアーはクリアーな音色。

 
 

 

ヨエックス Joecks(ドイツ)

マンフレット・ヨエックス製作のゲルトナーの丸型タイプのライアー。
共鳴板に二つ穴のある、とても豊かな響きをもつ楽器。

 
 

 

グンドルフ・クーン Gundolf Kühn(ドイツ)

コロイの工房にいたグンドルフ・クーンの新しい工房。
鐘(グロッケン)のような、閉じていない共鳴箱のライアー。

 
 

 

アントン Anton(チェコ)

ロスティスラフ・アントンがチェコで製作しているライアー。
どっしりとした楽器で、楽器の重量はあるが、弾きやすい楽器。彫った模様のある楽器もある。